愛媛県松山市の歯科|インプラント、むし歯予防、歯周病予防の城北やの歯科クリニック
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • ホワイトニング

タグ : ホワイトニング

歯の着色の原因はなんだろう?

着色が気になりませんか?

みなさんの中には最近歯の着色が気になるという人はいませんか?

歯科医院にも「着色が気になるから除去してください!」といって来院される患者さんも少なくはありません。では、歯の着色はとのような原因でつくのでしょうか?また自宅での予防はできないのでしょうか?

歯の着色の原因

着色の原因

着色の主な原因となるのがCMなどでよく聞く”ステイン”の沈着です。ステインとはわかりやすく言うと歯についたシミのことです。みなさんは毎日歯磨きをしていると思いますが、磨き残しがあったりして汚れが歯にこびりついてしまったものがステインです。

着色にはどのようなものがあるのでしょうか。

1.タバコによる着色

一般的によく知られているのがタバコのヤニによって歯に着色してしまうことです。タバコのヤニはねっとりとしていて歯にこびりつきやすい特徴があります。歯だけではなく、内臓や喉にこびりついて長期間とどまることで有害物質を出し続けているのです。

また、歯ぐきにもダメージを与えます。タバコを長期間吸っている人の中には歯ぐきが黒ずんでいる人も多くいます。

これは、ビタミンCが破壊され、メラニン色素がうまく排出できていないため起こります。 

タバコのヤニは強力なステインで落とすのが難しいのが現状です。その他にもタバコは歯周病の原因にもなりますので、喫煙者の方は注意が必要です。 

2.飲み物での着色

コーヒーや赤ワイン、紅茶、お茶などの茶渋に含まれる色素が歯の表面に沈着して着色することもあります。 

3.薬での着色

お口の中を消毒するイソジンなどの濃い色のついたお薬でも着色することがあります。もし気になるようでしたら購入の際に医師や薬剤師さんに相談してみるといいかもしれません。歯の汚れが色素沈着してステインになってしまうともう歯磨きでは除去することが難しくなります。 

ステインをなくするにはどうしたらいいのでしょうか。

1.歯磨きを行う

基本的には普段から行っている歯磨きをきちんと行うことが重要です。歯磨き粉にもステイン予防の効果があるものも売られていますので使ってみるのもいいかもしれません。

2.食後に口をすすぐ

コーヒーや赤ワインなど多くの食品がステインの原因となります。そのようなものを食べたり、飲んだりした後は口をすすぐようにしましょう。

お口の中を水で洗い流すことでステインが吸着するのを予防します。 

3.歯を傷つけないようにする

歯磨きのときに力を入れて強く磨いてしまうと、歯の表面に傷がつき、その傷の凸凹部分にステインが付着しやすくなります。

このほかにも、喫煙者の方は禁煙するのがもっとも良い方法になります。着色が一度ついてしまうと自力ではなかなか落とすことができません。気になるようでしたら近くの歯科医院で磨いてもらったり、ホワイトニングを行うのをオススメします。

自宅でできるホームホワイトニング

ホワイトニングの種類

歯を白く美しくできるホワイトニング。ホワイトニングには2種類あります。
歯科医院に行って行うのは「オフィスホワイトニング」
自分自身の家でできるのは「ホームホワイトニング」です。

手軽にできる「ホームホワイトニング」について紹介しましょう

オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングは価格が安いですし、自宅で手軽に出来るので比較的、続けやすいです。まず、ホームホワイトニングを始めるには歯科医院に行って、ホワイトニングが可能か検査してもらいます。虫歯や重度な歯周病がある場合は、そちらを治してからの治療になります。

問題が無ければホワイトニングに使うマウスピースを作る為に、型を取ってマウスピースを作成します。マウスピースが完成すればホワイトニングを行うキットがもらえますので、自宅に持ち帰って頂いてホワイトニングがスタートとなります。

マウスピース

使用方法

キットの中には、マウスピースと専用のジェルが入っています。
まずホームホワイトニングを始めるには、歯を清潔にする必要がありますので、ブラッシングを行います。次に自分の歯に合わせて作られたマウスピースに専用のジェルを流し込みます。ジェルは入れすぎてもいけませんので適切な量を使用しましょう。
適切な量とはジェルがマウスピースからはみ出さないくらいの量を使用します。1本の歯に対して米粒くらいの大きさです。ジェルがはみ出したまま放って置くと知覚過敏の原因になってしまいますから、マウスピースからジェルがはみ出してしまうようなら拭き取るなどしてください。

白さの持続力が!

ジェルを入れたマウスピースを1~2時間ほど装着しておきます。この方法なら、歯科医院に行く時間が無い人にも向いているかも知れませんね。夜間に寝ている間にマウスピースを入れておく事も可能です。
朝起きたらマウスピースを外して、歯磨きをして、マウスピースについたジェルを洗い流します。基本的には毎日行うのですが、しみたり痛みがあるという人は1日に使用する時間を短くしたり、毎日使用するのでは無く1日置きにしたり、2~3日程期間を空けたり調整します。
すぐに歯が白くなるのは薬液の濃度が高いオフィスホワイトニングですが、ホームホワイトニングは低い濃度の薬液で毎日行うので白さの持続力があります。

結婚式や就職活動で急いで白くしたい人にはオフィスホワイトニング、じっくりと白く、持ちを長くさせたい人にはホームホワイトニングが適しているかもしれませんね。

デュアルホワイトニング

この両方を併用して行うデュアルホワイトニングもあります。
ご自身の目的や歯科医院に通える頻度でこの3つから適切なものを選ぶと良いでしょう。

ホワイトニング後の注意

ホワイトニングの注意点としては、ホワイトニングを行った後1時間くらいは喫煙や飲食は控えて下さい。効果が薄れてしまいます。
そして24時間以内には色の濃い物を食べるのは避けて下さい。具体的には、カレーやラーメン、コーヒー、紅茶、コーラなどのジュース類などです。
せっかく白くなった歯が色の濃い物を口に入れる事で染まってしまいます。

期間は?

ホームホワイトニングにかかる期間は、どのくらい白くなりたいのか、また個人の歯の状態により個人差がありますが、2週間から数か月くらいです。

手軽に歯を白くしたい人にはホームホワイトニングがお勧めです。
口元からおしゃれを始めてみてもいいかも知れませんね。

知ってる?ラミネートベニア!! 

ホワイトニング以外に歯を白くする方法

みなさんが歯を白くしたい!と思ったとき一番に思いつくのが“ホワイトニング”ではないでしょうか?
しかし、ホワイトニングには知覚過敏などのいくつかの欠点があります。
では、ホワイトニング以外に歯を白くする方法はないのでしょうか?
ホワイトニング以外の方法で歯を白くする方法で挙げられるのが“ラミネートベニア”です。

ラミネートベニアとは?

ラミネートベニアはホワイトニングのように薬を使って歯を白くするのではなく、自分の歯の表面を薄く削り取り、その削った部分に歯の色をしたネイルチップのようなものを貼り付けます。
材料は一般的にはポーセレンなどが使用されます。

ラミネートベニアのメリット

ラミネートベニアは、ホワイトニングより歯を白くすることができ、生まれつき濃い色がついてしまった歯でも短期間で白くすることが出来ます。
また、色を白くするだけでなく、歯の形なども短期間で修正することができます。
例えば、すきっ歯なども修正することが可能です。
また、歯の色が元に戻ることがなく、歯を削る量が少ないので、痛みはなく基本的に麻酔は使いません。

ラミネートベニアのデメリット

ネイルチップを自由に取り外しできますが、ラミネートベニアは、一度取り付けると、取り外しも出来ませんし、元には戻せません。
また、ラミネートベニアは日常生活を普通に生活する分には強度は十分にありますが、ポーセレン(セラミック)の歯を貼り付けるので、噛み合わせが悪かったり、歯ぎしりの癖がある場合などは貼り付けた部分が欠けたり、割れたりする可能性があります。
ラミネートベニアを貼り付ける本数は、歯の全てに行うのではなく、気になる部分に貼り付けることも出来ますが、1本だけだと他の歯と色を合わせるのが難しいので、数本にわたって貼り付けることもあります。

費用について

ラミネートベニアは、ホワイトニングに比べて費用が高いというのもデメリットの一つです。
普通ホワイトニングですとだいたい5万円程度で治療できますが、ラミネートベニアの場合、病院によって違いますが、5万円~15万円程度かかります。
もちろん保険外の治療なので自費になります。

ラミネートベニアは、デメリットとして費用が高いと言うことが挙げられますが、ホワイトニングよりも歯を白くすることができますし、少しの歯並びの修正であれば可能です。そのため短期間で、白くきれいな歯並びを手に入れることが出来ます。

ホワイトニング

歯のホワイトニング(漂白)は、白く輝くといった、歯本来の美しさを引き出すための治療法です。白い歯は、年齢・性別に関係なく、健康的な明るさの象徴と言えます。

白い歯

歯の着色には、先天的なもの、薬物や傷害などの影響、食生活や年齢の影響によるものなど、さまざまな原因が考えられます。歯には、ミクロレベルの汚れや色素などの有機成分が付着して、それが黄ばみやくすみとなっています。

ホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素といった薬剤を主成分として、その化学反応で生じる漂白作用により、付着した有機成分を分解して取り除くことによって歯を白くします。そのため、歯を削ったり、歯の構造や歯質を変えることなく、歯を白くすることができるのです。

【ホワイトニング治療の流れ】

1.ご相談・コンサルテーション予約

ホワイトニングの方法や費用などについて、お気軽にご相談下さい。ご相談・コンサルテーションをご希望される方は、お電話にて予約して下さい。

2.ご来院

一般診療の場合と同様に、問診票などへの記入をお願いします。初診の方は、カルテの作成などがありますので、時間に余裕をもってご来院下さい。

3. 診査

口腔内診査、口腔内写真撮影を行い、ホワイトニングの方法(ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング)や費用などについてご説明します。
ホームホワイトニングをご希望される場合には、専用のプラスチックトレー作製のための歯型取りを行います。

4.歯面クリーニング

プラーク(歯垢)や歯石などの付着物を取り除き、歯面クリーニングを行います。

【ホームホワイトニング】━ご家庭で行います

【ホームホワイトニングの術式】
ホームホワイトニングの術式

5.使用方法についてのご説明

専用トレー内面の漂白したい歯の表面にあたる部分に、シリンジからホワイトニング薬剤を流し込む方法を確認します。

6.ご家庭でのホームホワイトニング

基本的には、夜間就寝中(6時間前後)に使用していただきます。ホワイトニング薬剤を流し込んだ専用トレーを注意深く歯列に合わせて、浮き上がらないようにしっかりと定着させます。起床時に、専用トレーをはずして、口をゆすぎます。専用トレーは、歯ブラシなどで、軽く洗浄して下さい。
この方法で、3週間程度、ホワイトニングを行います。

7.経過観察

来院していただき、ホワイトニングの進行状況を確認します。歯がしみるなどの知覚過敏症状が出てきた場合には、薬剤塗布などの知覚過敏処置を行います。

【オフィスホワイトニング】

歯科医院で行います

1.歯科医院でのオフィスホワイトニング

歯面クリーニングの後、歯ぐきを保護する薬剤を歯ぐきに塗布します。ホワイトニング薬剤を歯面に塗布した後、約3分間ほど放置します。その後、光を照射します(約3分間)。さらに、1~2分ほど、放置した後、ホワイトニング薬剤を除去します。このステップを2~3回繰り返します。 ホワイトニング後1~2日間は、再着色の原因となる、タバコ、コーヒー、ウーロン茶、ワインなどの着色因子を含んだ嗜好品は、できるだけ摂取しないようにして下さい。

2.経過観察

ホワイトニングの進行状況を確認して、オフィスホワイトニングを2~3回繰り返して、行う場合もあります。

PAGETOP