愛媛県松山市の歯科|インプラント、むし歯予防、歯周病予防の城北やの歯科クリニック
投稿
  • HOME »
  • よくいただく質問

よくいただく質問

乳歯が抜けていないのに乳歯の裏側から永久歯が生えてきた?

6歳前後の子供さんで、下あごの乳歯の裏側から永久歯が生え始めてくることがよくあります。

お母さんたちは、乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきたと言われてびっくりしてすぐに来院されてきます。

決して不自然なことではなく、この永久歯は萌出しながら自然に舌に押されることで前へ出てくることがほとんどです。

その結果、前にある乳歯を押すことで乳歯が抜けていくことになるので、思ったほど歯並びに影響することはないのでそれほど心配はいりません。

小学生

永久歯の前歯がねじれていたり重なったりしている?

6歳から10歳くらいの子供さんで、上下顎の永久歯の前歯が舌側よりに生えてきたりまた傾いてねじれていたり、逆に歯と歯の間に隙間があったりすることがよくあります。

最近はアレルギー性鼻炎の関係で、鼻呼吸が苦手で口呼吸になっている子供さんも多くみられます。

口を閉じてしっかり噛むことが苦手のため口輪筋(口の周りの筋肉)の発達が弱くなり、歯を外側から押さえる力や舌で歯を押してくれる力が不足することで、上下顎前歯部の叢生状態(歯がデコボコしたり傾いたりする状態)を引き起こしてしまうことがあります。

このことは、上顎前突(下あごに対して上あごの前歯が相対的に前へ出ている状態)にもつながりますので、小さいころから鼻の状態をよくして鼻呼吸ができ、口を閉じてしっかり噛むことができるようにしてあげることが大切です。

親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?

通常通り萌出していて、噛み合わせにも問題のない場合には抜歯しないでもいいように思います。

しかしながら、下あごの親知らずの場合は、斜めや真横に向いて埋まっていて生え切らないことが多く、時々腫れたり痛みが出たりする場合には、抜歯することが多いです。

PAGETOP