2012年2月号 ハッピートゥース2月に入り、節分、立春を迎えます。旧暦では、立春をの年の始めとしていたので、節分は大みそか。節分と言えば豆まきが有名ですが、地域によっては柊(ひいらぎ)の枝にイワシの頭を刺したものを戸口に飾ります。イワシの臭いと柊のトゲで鬼(魔)を追い払う意味があるようです。

立春が来ると暦の上では春になりますが、実際は1年で最も寒い時期。「立春には卵が立つ」と昔から言われるのは、立春のころは、気温が低く、卵も凍りやすいためのようです。本当に立つか実験するのもいいですね♪

寒い寒いと言っても2月は「梅見月」。南の地域から梅の開花の便りが届きはじめ14日には春を予感させるバレンタインデー。人を想う熱い気持ちが行きかい、きっと暖かくなります♪

◆コンテンツ

■院長の独り言
■セルフケアではつらつ生活
■世界のおまじない
■今月の占い
■インプラントQ&A
■暮らしを守る防犯対策
■身近にある日本のかたち
■楽らく簡単クッキング
■美容&健康
■日本のおいしいを丸かじり
■世界の楽器
■遠い国から
■編集後記

詳細はこちらのPDFへ