季節のご挨拶

こんにちは!少しずつ春の気配を感じる今日この頃。皆様はお元気でお過ごしですか?

さて、3月号は、歯のお引っ越し「歯牙移植」のお話しや、風邪をひいた時に歯ぐきが腫れる理由、そして、葛粉でとろみをつけた軟らかおやつ『リンゴの葛練り』のレシピ等をご紹介します。

今月も、私たちと一緒にお口の健康を守り、健康な体を維持していきましょう♪

春のお彼岸は、ぼたもち?おはぎ?

こんにちわ。院長の矢野です。まだまだ寒さが残っていますが、皆さんはお元気でお過ごしですか?3月の別名は「弥生」。草木がいよいよ生い茂る月という意味なのだそうです。

さて、3月と言えば、春のお彼岸ですね。お墓参りをされるご家庭も多いことでしょう。そのお彼岸によく食べられるのが、餅米とアンで作られた「ぼたもち」。

「おはぎ」とも言いますが、実はこれ、食べる季節に合わせて呼び方を変えていて、
春のお彼岸にお供えするのは春の花「牡丹」の餅で「ぼたもち」、秋にお供えするのは秋の花「萩」を意識して「お萩」と呼ばれているのだそうです。

季節によって呼び名を変えるなど、風流で良いものですね♪

おはぎ

■院長室から
■歯のお引っ越し「歯牙移植」という選択肢!
■Q:風邪の時に歯ぐきが腫れるのはなぜ?
■葛粉でとろ~り♪『リンゴの葛練り』
■間違いさがし
■各地のひな祭りめぐりで春満喫♪~九州~
■絵本『はがぬけたらどうするの?』
■編集後記
■院内掲示板

詳細はこちらのPDFへ