ダイオードレーザー(半導体レーザー)

ワイヤレスで、ペンタイプの小型レーザーです。

波長は810ナノメートルで、組織透過型であり、赤血球への熱吸収性が高く、低出力下では細胞の活性化が期待できる軟組織用のレーザーです。

歯肉切開や知覚過敏などの軽度の軟組織治療に有効です。高出力化では、生体組織の蒸散、凝固、切除が可能です。疼痛を緩和させる働きがあるため、麻酔の必要がほとんどありません。

止血性に優れているため、治療時に歯ぐきからの出血を最小限に抑えられます。電気的な刺激がないため、銀色の詰め物やかぶせ物をした歯にも応用できます。

炎症を起こしている組織に特異的に働きかけるため、健康な組織を傷つけることなく治療することができます。