インプラント治療とは

1.インプラント治療とは

インプラント治療は、歯の抜けた部位に人工の歯根(しこん)を外科手術により埋め込んで、人工歯根が顎(あご)の骨に固着した後、人工の歯冠を上から装着する治療法です。

2.インプラントの歴史

その起源は、古代エジプト文明にあります。実際に機能したと考えられる最古のインプラントは、貝殻をつかった7世紀頃のマヤ族のもの。新しいと思われているインプラントには、実は長い歴史があるのです。

現代の歯科インプラントの基礎は、約100年程前に、西洋の歯科医が歯の抜けた穴に入れたネジ式のインプラントから始まります。

そして、現在の主流になっているチタンと骨を結合させるインプラント材は、1952年、スウェーデンのブローネマルク教授によって発見され、その後、さらに研究が進み、オッセオインテグレーテッド(骨に接合した)・インプラントの科学的根拠に基く確実性も立証されました。

人間の体はチタンを味方だと認識して、骨の方からチタンにくっつこうとする性質を持っているのです。

3.最新のインプラント

現代のインプラントはさらに進化しています。

素材の主流となっているチタンには、インプラント体の骨にうめる部分・歯根部に、骨との密着性が高い“HA(ハイドロキシアパタイト)”をコーティングしてあるため、チタンだけのインプラントに比べて飛躍的に癒合までの期間が短縮しました。

しかし、初期のHAインプラントには、溶解や剥離といった信頼性への批判も存在しました。その後の研究でこうした問題はHAの純度が低かったために起こることが判明し、その問題を解決するため、HAの結晶度が高い再結晶化HAコーティングが登場したのです。再結晶化HAコーティングこそ、時代の最先端のインプラント材料なのです。

再結晶化HAコーティング層による骨との親和性

また、歯肉に当たる部分・支台部に施された“歯肉接着生体高親和性処理”により、インプラントは歯根との接合性のみならず、歯肉との親和性も大きく高まり、また、感染の危険性も最小限にしました。

審美性にもすぐれた現在のインプラントは、歯根・歯肉ともしっかり接合するようになり、最終形ともいえる理想的な形となったのです。

チタン表面と歯肉との親和性

4.ワンピースの時代

ワンピースの時代近年、インプラントの流れが変わってきました。

骨結合に時間がかかった時は、長期にわたり、ものを食べる度に負担がかかることを避けるため、2ピースのものが多く使われていました。しかし、オペが複数回にわたって行われ、時間も費用もかかる2ピースにかわり、最近の主流は1ピースになりつつあります。

1ピースの特長はまずシンプルであること。それは2ピースに比べオペが簡単で失敗がほとんどなく、回数もわずか1回で済むことです。オペの時間も短く、補綴(かぶせものを装着すること)までの時間も短期間ですみ、患者さんの時間的ストレスや費用の負担を軽減することができるのです。
こうした理由から1ピースタイプのインプラントは広く普及し、今や主流になるまでにいたったのです。

5.インプラントの長所

インプラントの良い点は自分の歯と同様な感覚で噛むことができ、噛む力、味覚が低下しないことです。また周囲の健全歯を傷つけず、審美性(外見上)も良好です。

6.インプラントの短所

インプラントの留意点としては、手術(抜歯と同程度の外科手術)が必要で全身疾患(重度の糖尿病など)やインプラントを埋め込む場所(顎)の骨が少ない場合など、場合によっては治療できない場合もあります。